zoomzoosanのキャットブログ時々三国志真戦

我が家の猫ちゃんの私生活や経験を活かしたブログを書いていきます

猫を選ぶ際のポイント!

目次

 

こんにちは!

雨が降ったり止んだりで非常に暮らしずらい季節が到来しましたね💦

日本の大半が梅雨になったのでここから本格的な夏まで寝苦しい季節が続く予感です!

 

今回のブログでは猫を選ぶ際の簡単な特徴をお伝えしたいと思います。

毛色や性別によってかなり性格が変わって来るのご存じでしたか?

猫を飼い始めてから気づくより今のうちにある程度知っていた方が猫にとっても人間にとっても幸せだと思いますので是非参考にして下さい!

 

まずはじめに

どなたでも見た目等それぞれの理由で飼いたい猫の種類はある程度決まっていますよね?

飼いたい猫の中でもより好みな子の選び方の方が参考になると思います。

そこで今回のブログでは猫の種類別ではなく性別や毛色等のどの猫でも共通していえる特徴での性格の違いを紹介します!

※勿論その子事に性格の違いはありますので飼いはじめる時は世話を担当していた方に性格をしっかり確認してから自分の好みに合っているか直に確認しましょう!

 

大人しい性格の猫ちゃんの特徴

毛色による特徴

  • 白色の猫ちゃん
  • 三毛色の猫ちゃん

色の特徴としてはこの2色の色の猫は慎重な性格が多くマイペースな特徴なので大人しめの猫が多いです。

毛の長さによる特徴

  • 長毛

勿論運動するのに長い毛は不向きなので短毛に比べて長毛の猫の方が走り回る事も少なく大人しめの傾向があります。

性別による特徴

  • メス

メスの方が全体的に大人しくマイペースな子が多いです。

避難していない場合さかりがつくと遠吠えして夜泣きをしますのでそこは注意!!!

 

大人しい猫が欲しい場合まとめ

大人しい猫の種類が理想その上で

白色か三毛色の猫で短毛のメス

この点を抑えると集合住宅や家族がいる場合でも比較的気にせず飼う事が出来ると思います。

 

一緒に寝たりべったり甘えてくれたり遊んでくれる猫の特徴

毛色による特徴

この中でも先に上げた黒猫とチャトラはとても人懐っこく帰ってくるとお出迎えをしてくれる子も多いです

しかしお留守が苦手でストレスになる子もいるため1人暮らしの人にとっては少しハードルが上がるかもしれません

毛の長さによる特徴

  • 短毛

好奇心旺盛で走り回る子が多いです。

遊びが大好きで特に走り回れる様な遊び方をしてあげるともっと遊んでと催促して来る子もいます

性別

  • オス

オス猫は本当に感情表現が豊かで何をして欲しいのか一目で分かります笑

どの生き物もやはりオスの方が単純なんです。

その分懐っこく可愛いーってなる子も男の子が多いです

※世の男性に悲報です。オス猫は人懐っこいですが男性より女性に懐きます。既婚男性の方は覚悟して下さい笑

我が家のボア君も2人の時は甘えて来ますがママが帰って来ると玄関まですぐ走っていきお出迎えに行ってしまいます笑

ママが先に帰っている時に私が帰って来ても2回に1回いや見栄を張っても仕方無いので本音で言うと😭

3回に1回位しかお出迎えに来ませんw

子供も猫もやっぱりママなんですよ!

女性から全ての生き物は生まれてくるのでやはり偉大です。

f:id:zoomzoosan:20220617014649j:image

↑↑ママの隣でじっと動かないのでボア君にいたずらした際の写真しっかりその後片付け&説教をされました!笑

話それてすみません!

ちなみにボア君はチャトラのオスの短毛ですので活発でしっかり甘えん坊です♪

 

一緒に寝たり遊んだり懐いてくれる猫が欲しい場合のポイントまとめ

そもそも人懐っこく活発の猫の種類その上で

毛色は黒色orチャトラの短毛の子でオス

 

最後に伝えたい事

以上が飼いたい猫の性格を決める外見的な要素です。人懐っこい猫は可愛いですが1人暮らしの方はなつきやすいタイプの子より自立した大人しい子の方がお留守番が得意で向いています。

お留守苦手な子は散らかしたりスプレー行動をしがちで飼い主にとってもストレスになってしまいますので注意!!

また家族同様に大勢の中で暮らす場合は人懐っこく活発な子の方が猫にとっても人間にとっても幸せでしょう。

猫にとってストレスが無い事が飼い主にとっても負担が少なくなり良好な関係を作る事が可能です。事前に考えてから猫と一緒の生活エンジョイして下さい!

捨てられたり不幸になる飼い主と猫ちゃんが居なくなりますように!

以上

こちらの記事も是非読んで下さい

zoomzooblog.com

 

今日のボア君

f:id:zoomzoosan:20220617020138j:image

気づいたら猫なのに猫のぬいぐるみを持って遊んでいました。こんな表情を見せてくれたら仕事の疲れもしっかり取れます。